VC(ベンチャーキャピタル)とは?そのメリット

株式投資初心者

投資関連の勉強をしていく中で、VC(ベンチャーキャピタル)を聞いたことがある人は、少なくないと思います。

VCとは、ベンチャー企業の資本や知識などを投資して、株式上場したら株式を売却してキャピタルゲインを狙うビジネスです。

VC(ベンチャーキャピタル)

先ほども書きましたが、VCは、キャピタルゲインを狙った投資会社です。

富裕層からお金を回収→投資対象のベンチャー企業を見つける→投資及び知識を提供→株式上場したら保有株式を売却→利益を富裕層の方へ返却

がビジネスモデルになります。

メリット

それではVCのメリットをいくつか紹介していきます。

追加融資を受けやすくなる

VCから融資を受けると、一般的にそこの企業は、VCから評価されているということで、融資を受けやすくなります。

なので、追加で融資が必要になった場合に、他社の融資者から融資を受けやすいです。

事業提携できる企業の紹介

VCは、多くのベンチャー企業の投資をしているので、その投資している企業同士を紹介してもらえます。

資金面だけではなく、ビジネス自体も成長させてもらえる可能性があります。

経営サポート

VCから経営者のサポートが派遣されます。

そのため、経営知識を提供してくれます。

特に、VCは、多くの企業を知っている方が多いので、様々な経営知識を教えてもらえると思います。

VCというは投資ファンド会社

VCというのは、投資ファンド会社です。

いずれ投資家になっていくのであれば、VCに投資する側になるようにしていきましょう。

では、また!

コメント

タイトルとURLをコピーしました