ビジネスの基本はパクることから

ビジネス

したいビジネスがあるけれど、何をすればいいのかわからないことがあると思います。

特に、今まで会社員で働いてきたなら、よりそれが強いと思います。

私が思うに、そういう時は、人のビジネスモデルや方法をパクり、それにプラスすることが、成功率をあげることだと思います。

パクる=研究

ビジネスをパクるということは、そのビジネスをとことん研究しなければいけません。

例を鯛焼き屋さんを開きたいとして、ポイントを以下にまとめていきます。

見本とするビジネスを探す

自分がしたいビジネスの見本をまず探すことだと思います。

これは、今の時代だと簡単で、インターネットを使えば出てきます。

他にも、SNSを通じて、情報発信しているコンテンツを探すのも手段だと思います。

私は、主に、Google検索を使用しています。

そこで、A店という鯛焼き屋さんが人気なのがわかりました。

なぜそのビジネスの需要があるのか

では、A店の鯛焼き屋さんがなぜ人気なのかを調べます。

これもインターネットとSNSですね。

かたっぱしから、このA店の情報をかき集めます。

そして、自分が重要だと思う内容を写真を取ったり、メモを取ったりします。

それを繰り返していくうちに、このA店がなぜ売れているのかが見えてきます。

今回は、A店の鯛焼きは、インターネット販売の需要が高いとします。

他のニーズを探す

A店の鯛焼き屋さんは、インターネット販売の需要が高いことがわかりました。

では、そこから、プラスで欲しい需要がないのかを探します。

これは、お客さんからの声を聞くのが早いので、同様にインターネットとSNSでコメントなどを探します。

その中で、「A店の鯛焼きはインターネット販売してて便利なんだけど、もっといろんな味が欲しい」というコメントを見つけたとします。

ここで何をすればいいのかがわかりました。

方向性が見えれば、あとは計画を立てるだけ

ここまでこれば何をすればいいのかわかりましたよね。

種類が豊富な鯛焼きインターネットショップを開ばいいのです。

インターネットショップのやり方はA店の真似をすればいいのです。

その上で、コストやホームページなどの作成をすればいいと思います。

いつまでもそのビジネスで成功すると思わない方がいい

鯛焼きのインターネットビジネスで成功したとします。

しかし、いつまでもそのビジネスで成功できると思っていてはいけません。

なぜなら、他の人があなたがしたのと同じようにあなたのビジネスをパクリ、さらにより良いサービスを提供してくるからです。

インターネットがある今、ビジネスの流れがとても早くなっています。

だから、次々とビジネス展開をしていくべきだと思います。

では、また!

コメント

タイトルとURLをコピーしました